新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

マーケティングに関する課題解決の場に。トライバルがnoteで発信していきたいこと

こんにちは、トライバル noteチームです。
いつもnoteをご覧いただき、ありがとうございます!

2019年7月にnoteを開設し、自己紹介noteを公開してから約9カ月が経過しました。

マーケティングに関する仕事をしている方やトライバルに興味を持ってくださっている方に向けて、トライバルが考えるマーケティングや会社・スタッフのことについて発信したところ、多くの方にご覧いただきました。
本当にありがとうございます!

▼PV数が多かったnoteはこちら
1)ソーシャルメディアで「売上」を作る、最新プロモーション思考法
https://note.tribalmedia.co.jp/n/n889123ccec2f
2)著名マーケターと語るブランドマーケティングの未来とは
https://note.tribalmedia.co.jp/n/n3754b4c06c80
3)ファンが多いブランドは? 20業界197ブランドを調査しました
https://note.tribalmedia.co.jp/n/n910bb93e1101

マーケティングに関する課題解決の場に

さて、トライバルは2020年3月に14年目を迎え、4月には新たな年度がスタートしました。
これを機にnoteチームでも9カ月間を振り返り、話し合いを重ねた結果、改めてnoteで発信していきたい内容が決まりました。

これからはnoteを通じて、マーケターやクリエイターの皆さんが抱えるマーケティング課題を解決していきたいと思っています。

新型コロナウイルス感染症による影響が日々拡大していくなか、これからの事業やマーケティングについて考え、悩む方が多いと思います。そのような状況において、noteを運用する私たちに何ができるだろうと考えたところ、皆さんが抱えるマーケティングの課題を少しでも解決することだという結論にいたりました。

事業会社のマーケティングコミュニケーションを支援するなかで培った知見を、より皆さんが活用しやすいように実践的な内容でご紹介したり、ソーシャルメディアにおける『文化』や『文脈』を解釈・考察してご紹介したり。そんな内容を通じて、少しでも皆さんのチカラになれればと思っています。

ここからは、トライバルのnoteで発信していく内容を大きく3つご紹介します。

・・・

■ソーシャルメディアマーケティング実践編

トライバルがこれまで培ってきたソーシャルメディアマーケティングに関する知見をもとに、TwitterやInstagram、YouTube、LINEなどを活用するうえでの考え方やポイントを、より実践的な内容でご紹介します。

■ソーシャル文化研究所(略してソー文研)

トライバルのプランナー2名が「ソーシャル文化研究所(ソー文研)」を立ち上げて、このnoteを中心に活動していくことになりました。ソーシャルメディアにおける『文化』や『文脈』を、ソーシャルリスニングやインタビューで調査・考察してご紹介します。

マーケティングコミュニケーションを考えるうえで参考になる情報をお届けする予定です。近々公開する詳細をお楽しみに!

■マーケティングアップデート

このnoteでは、これからのマーケティングのあり方・考え方について発信していきます。たとえば、ファンマーケティングやインフルエンサーマーケティング、UGCなどをふまえてたどり着いた新しいマーケティング手法「インフルエンサーリレーションズ」が含まれます。

こちらについては、トライバルが発信するだけでなく、既存のマーケティング戦略や手法に悩む皆さんとぜひ一緒に考えていきたい内容です。今後、ディスカッションできる場を用意したいと思っているので、そちらもぜひ楽しみにしてください。

・・・

これらのコンテンツを拡充していくにあたり、note記事の割合が少し変わります。マーケティングに関する内容が多くなりますので、会社やスタッフに関しては弊社のWantedlyをご覧ください。

皆さんが抱えるマーケティング課題を解決できるようなコンテンツを更新していきますので、ぜひお役立てください。

これからも、どうぞよろしくお願いします!

スキありがとうございます♡
49
トライバルメディアハウスは「ソーシャルエコノミーでワクワクした未来を創る。」をミッションに掲げるマーケティング会社です。noteではマーケターやクリエイターが抱えるマーケティング課題を解決する場として記事を公開しています。

この記事が入っているマガジン

note pro自己紹介記事まとめ
note pro自己紹介記事まとめ
  • 82本

noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。