見出し画像

フォロワーの興味喚起や購入に影響力のある「ブランドインフルエンサー」とは?

今回は、インフルエンサーマーケティングにおける「ブランドインフルエンサー」の考え方をご紹介します。

「ブランドインフルエンサー」とは、トライバルが考える新しいインフルエンサーのことです。
本記事では、ブランドインフルエンサーはどういった特長を持つのか? タイトルにもある「フォロワーの興味喚起や購入に影響力のある」とはどういうことなのか? について解説します。

売上につながりやすいマーケティング手法やブランドインフルエンサーとは一体誰なのかを知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください!

・・・

ブランドインフルエンサーって誰?

ブランドインフルエンサーとは、フォロワー数の大小に拘らず
・インフルエンス力がある
・企業やブランドのファン

2つの条件を満たす人のことを指します。

ここでいう「インフルエンス力」とは、フォロワーの消費行動(意識・態度・行動変容)に影響力のあることを意味します。言葉だけでは少し分かりづらいので以下の例をご覧ください。

0727reブラフルnote_img1 (1)

ある化粧品を好きなユーザーが、新商品のリップをInstagramで投稿したとします。このユーザーがブランドインフルエンサーであれば、この投稿をみたフォロワーは新商品に興味を抱いて「いいなぁ!」と投稿したり(興味喚起)、「買った!」と投稿したりします(購入)。

フォロワーの消費行動(意識・態度・行動変容)に影響力のあることとは、ブランドインフルエンサーの投稿によりフォロワーが商品に興味を抱いたり、購入したいと感じたり、実際に購入につながったりすることを意味します。

ブランドインフルエンサーとプロモーション施策を行うメリット

企業やブランドは、プロモーション時にブランドインフルエンサーに協力していただくことで、良質なクチコミ(UGC※)が期待でき、売上につながりやすいといったメリットがあります。

前述のとおり、ブランドインフルエンサーはブランドや商品に好意を持つファンでもあるため、過去に販売した商品や他社商品との違いを認識していることが多く、企業やブランド、ファンにおける文脈を踏まえて良質なクチコミ(UGC)を投稿してくれることが予想されます。

良質なクチコミであるほど、その投稿を見た人にそのブランドの商品やサービスを「買いたい!」という気持ちにさせやすいと言えるでしょう(良質なクチコミの重要性についてはこちらのnoteをご参照ください)。

一般的に芸能人やタレント、ソーシャルメディアにおいてフォロワーの多い方などの「インフルエンサー」はリーチ力が魅力で、フォロワーやユーザーに商品やブランドを認知させることに強みがあります。

一方でブランドインフルエンサーは、フォロワーに商品やブランドについて興味を持ってもらうことや購入を検討した際に後押しすることに強みがあります。

※UGC:User Generated Contents

マーケティング活動における位置づけ

ここからは、以下のマーケティングファネルにインフルエンサーマーケティングや他の施策をあてはめて考えてみましょう。

0727ブラフルnote_img2

0727ブラフルnote_img3

前述した「インフルエンサー」を起用したインフルエンサーマーケティングは主に「認知」を獲得する目的で実施するため、マーケティングファネル上は「潜在顧客」から「興味」までに位置づけられます。目的別でみると「マス広告」と同じ役割であることが分かります。

ブランドインフルエンサーを起用したインフルエンサーマーケティングは「興味喚起」から「購入を促す」目的で実施することが効果的なため、マーケティングファネル上では「興味」から「購入」までに位置づけられます。

インフルエンサーマーケティングは、「インフルエンサー」と「ブランドインフルエンサー」のどちらを起用するのかによって、マーケティングファネル上のどこに効くのかが異なります。目的や課題に応じて検討することがポイントです。

例えば、新しく立ち上げたブランドや既存ブランドの商品を新しい市場に向けて多くの方に認知してもらいたい場合は、リーチ力がある「インフルエンサー」を起用したインフルエンサーマーケティングを行うと効果的でしょう(「インフルエンサー」を起用したインフルエンサーマーケティングの課題については、こちらのnoteをご参照ください)。

一方で、限られた予算で少しでも売上に貢献しやすいプロモーションを実施したい場合は、インフルエンサーではなくブランドインフルエンサーに軸足を置いて設計することが重要です。

もし予算が潤沢にあり、すでにファンのいる場合は「インフルエンサー」だけでなく「ブランドインフルエンサー」も合わせて起用するインフルエンサーマーケティングを行うことで、認知の獲得から興味喚起、購入の後押しまでを狙うことができます。

ブランドインフルエンサーまとめ

本記事では以下についてご説明しました。

・ブランドインフルエンサーは、「インフルエンス力がある」「企業やブランドのファンである」ユーザーのこと
・ブランドインフルエンサーを起用すると良質なクチコミ(UGC)が期待でき、売上につながりやすい
・ブランドインフルエンサーを起用したインフルエンサーマーケティングは「興味喚起」から「購入を促す」目的で実施することが効果的
・リーチ力のある「インフルエンサー」と目的に応じて使い分けることが重要

実際にブランドインフルエンサーをどのように見つけるのか、ブランドインフルエンサーを起用してどんなプロモーションを行うことができるのかは、以下に掲載している資料をご覧ください(無料でダウンロードいただけます)。

関連記事



最新のセミナーやダウンロード資料などは、メルマガでお知らせしています🌻

もしお時間あれば、他の記事も見ていただけると嬉しいです♬
34
トライバルメディアハウスは「ソーシャルエコノミーでワクワクした未来を創る。」をミッションに掲げるマーケティング会社です。マーケターやクリエイターが抱えるマーケティング課題を解決する場として、noteを公開しています。

こちらでもピックアップされています

マーケティングアップデート
マーケティングアップデート
  • 8本

これからのマーケティングのあり方・考え方について発信したnoteをまとめています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。